さぽーと紡は、東日本大震災による原発事故で避難を余儀なくされた母親達が、繋がり続けたい思いで立ち上げた小さな任意団体です。2012年9月から、主に子どもたちの保養について取り組んできました。

 

普段の生活に「放射線」が出てきてから、福島県では今も毎日、天気予報と並べて放射線量も発表されているのが日常になりました。あの事故がなかったら、放射線のことについて全くわかりませんでしたが、今は、心の中に不安はあっても、考えても仕方がない、明るく前向きに生きようとするのは当然の本能で、非日常だったことがなんだか日常になってしまった気がします。しかしながら、親御さん、妊婦さんや、免疫力が弱い人は、放射線をできるだけ避けたほうがいいと思うのは当たり前のこと。その思いを心に留めずに、もっと言葉にしてほしい思いで、保養の企画を続けてきました。

 

避難者のお話を聞いていただく機会や、行政への要請、裁判などにも関わり、それが避難した家族の生活の一部になっていましたが、2013年から2019年まで夏に京都で企画した保養「つむぎプロジェクト」を通し、東北から保養に来られた家族と出逢い、現地で暮らす苦しみ、避難した苦しみを互いに共有することができました。紡での独自の保養企画は、資金集めの難しさやニーズの変化もあり、2019年の夏をもって終了しました。しかし保養活動を続けてくれている団体は今も全国各地にあります。

 

2020年以降、世界的にコロナ感染症が拡大し、私たちは「緊急事態宣言(非常事態宣言)」を重ねて体験しました。

3.11から10年となる2021年には、一緒に活動している同士、本当に様々な出来事があったと振り返りました。

紡は細々ながら、被災者、特に子どもたちや若者への協力、保養の受け入れ先に繋ぐ活動や、災害支援等にも随時携わっていきたいと思っています。

  

2021年7月

さぽーと紡  齋藤 夕香

 

芝生の上に寝転ぶ子どもたち(2011年・北海道にて)
芝生の上に寝転ぶ子どもたち(2011年・北海道にて)

私達が芝生に思いっきり寝っ転がること、いたって普通のことですが、芝生は放射性物質を吸収しやすく、水が溜まりやすい場所や、湿気が多いところなども、高い数値が出ることがあります。物質自体、蒸発して消えてしまうことはありません。においもしないし何も感じないから、不安になったり安心したりします。 3.11以降は今まで感じたことのない心配をするようになりましたが、子どもたちが心配だから保養に出したいという気持ちも、いつまでも放射線を気にして生活していられないから考えないようにしたいという気持ちも、身を守るためであることに変わりありません。その中でできることは何かを、私達は日々意識しながら活動していきたいと思っています。